フラットスイムでの首の角度

フォーム
この記事は約3分で読めます。

フラットスイムの効果を実感し、個人的にも試行錯誤を重ねた結果、首の角度、使い方に理想的なものが見えてきたため、ご紹介します。

自由形での理想的な首の使い方は、力を抜き、前方ななめ上からうなじが引っ張られるようなイメージです。
この方法には3つのメリットがありそうです。

①頭の下がり過ぎを防げる
②腕(肩、肩甲骨)を大きく使える
③肺の容量を最大限活用できる

①頭の下がり過ぎを防げる

フラットスイム泳法で最初に教わることのひとつが、頭を下げることです。
少し前までの自由形では、目線はやや前方、反り気味の上半身が当然でした。
また初心者にとっても、前を見ながら泳ぐのが自然に感じられるため、最初の段階で頭を下げることを意識づけるわけです。

フラットスイムの最も大きなメリットは、上半身の反りを抑えることで水の抵抗を減らすことにありますが、
頭を下げて、体をフラットに保つことが重要です。
しかしこれを意識しすぎてしまい、必要以上に頭が下がってしまうことがあるのです。
頭が下がりすぎることで上半身がやや丸まってしまい、反った状態とは反対、背中側で抵抗が生まれてしまいます。

多くの書籍では「目線を下げる」、「目線を真下に」と書かれておりますが、これは頭の向きのみを正し、下がり過ぎないようにするためです。
うなじが引っ張られるようなイメージをもつことで、自然と頭が下がらないことにつながります。

スピードを上げるためには、体勢がフラットであることに加え、ボディポジションを高めることも重要です。
特に短距離のトップスイマーの泳ぎを確認すると、背中がはっきりと見えている選手が多いことに気づきます。
彼らはフラットスイムを実践しながら、水上に体を出すことで、さらに抵抗を減らしているのです。
これが「目線を真下に」しながら、頭の下がり過ぎを防いでいる非常によい例です。

②腕(肩、肩甲骨)を大きく使える

クライミングの選手に話を聞くと、彼らは遠くの目標に手を伸ばす際、顔を反対側に向けることがあるそうです。
これにより肩から腕が伸び、より遠くの目標をつかむことが可能になるということでした。
これを水泳のエントリー(手の入水)にあてはめると、顔が前を向いていると、エントリーの位置が手前になってしまう、ということになります。
顔を下向きにすることで、より遠くにエントリーすることが可能になります。
ここで頭が下がってしまうと、連動して肩も落ち込んでしまうため、うなじが引っ張られるイメージで、頭の位置が下がり過ぎないように気をつけましょう。

③肺の容量を最大限活用できる

陸上で深呼吸のしやすさを比べると、顔が上向きの状態よりも、前を向き、軽く顎を引いてリラックスした状態のほうが、肺の広がりを実感することができます。
肺を大きく使うことができると、より多くの酸素を取り込みやすくなることに加え、より強い浮力を得ることが可能です。
浮力はもちろん強いほど有利です。
高いボディポジションで、少ない抵抗、少ない力でより速く、遠くに進むことが可能です。

ボディポジションを意識しすぎてしまうと、下半身が下がりがちになるため、同時に強いキックも意識しましょう。

長距離種目や練習の後半などでは、ボディポジションよりもフラットな姿勢を優先させることとなります。

理想はスピードの高まりに合わせて自然とボディポジションが高まる状態です。
まずは首の力を抜き、うなじが引っ張られるイメージを試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました