2軸泳法とフラットスイム

フォーム
この記事は約3分で読めます。

ランニングなどと同じく、水泳の理論も年々更新されています。
最新のフォームに言及した本やサイトを見ていると、2軸、フラットといったキーワードが多く、
トップスイマーの多くも取り入れているということで、自身でもチャレンジしてみることにしました。

私の種目は自由形ですので、比較的情報が入手しやすいように感じます。

▪︎2軸

昔ながらのフォームは、体の「ローリング」と「S字プル」が重要視され、ほとんどのスイミングスクールでこのように指導されていたようです。

手を体の中心軸、頭の延長線上に入水し肩を伸ばし、体全体のローリングとともにS字を描くようにプルをおこないます。
1本の中心軸で体が回転しながら進んでいくため、「焼き鳥のよう」と絶妙な表現をされているサイトもありました。
下半身も連動して回転するため、キックも真下だけでなく、極端な場合は真横に向いて打っている場合もあります。

対して最新の泳法では体のローリングはおこなわず、手は肩の延長線上に入水し、I字、もしくはストレートプルと言われるように、まっすぐかきます。
両肩それぞれの軸を使用しているため、2軸と表現されている泳法です。
下半身もローリングしないため、キックも常に真下に向かって打つことになります。

2軸泳法では、1軸の際にも重要とされる「ハイエルボー」のフォームが作りやすいです。
肩を伸ばしてローリングをおこなうと、キャッチの際に上と肩の位置が下がりやすく、ハイエルボーの状態を作ることは難しいです。
また肩が下がることにより、その部分は水の抵抗を受けることになります。
ローリングがない場合は入水後すぐにキャッチの動作が始まるため、自然とハイエルボーのフォームができやすくなります。

▪︎フラットスイム

これまでの泳法では目線は斜め前、上半身は持ち上げ気味で、背中が少し反った状態で進んでいくことが多いです。
プルは下方向にも力を向け、キックの力も活用しながら水に乗り、体を待ちあげながら進んでいくイメージです。
額のあたりで水を切りながら進んでいきます。

対してフラットスイムでは目線は真下、体は水面と平行に保ちます。
水の抵抗は常に同じくらいの大きさで、「伏し浮き」や「けのび」に近い状態で水面のすぐ下を進んでいくイメージです。
プルとキックの力はほぼ前進するために活用され、頭の頂点付近で水を切って進んでいきます。

体が持ち上がっているほうが水の抵抗は少なく、スピードが上がりやすいように思いますが、
それに伴う体力の消耗と、プルとキックの効果が前だけでなく、上方向にも分散してしまうことを避けるための泳法のようです。
また目線が上がっていないフォームでは肩を伸ばしやすく、遠い位置に手を入水することができるメリットもあります。

 

数回試してみたところ、2軸では入水後すぐにキャッチの動作が開始されることにより回転数があがり、短距離のペースになりやすいように感じました。
イアン・ソープ氏のような大きなストロークを意識しながら、長い距離にも対応できるような余裕をもちたいところです。
フラットスイムの効果はなかなか実感しづらいものですが、途中で目線を前に向けてみると、顔への大きな抵抗と、肩の伸ばしにくさを感じました。
実感とは別に、プルとキックの力が無駄になっていないという「知識」も嬉しくなる要素です。

2軸、フラット以外にも最新理論は次々に出ているようですので、コーチと相談しながら、いろいろと取り入れていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました