水泳とビール 練習後のアルコール摂取の影響

回復
この記事は約3分で読めます。

汗をかいたあとの、キンキンに冷えたビール。
これを楽しみにトレーニングをがんばる人もたくさんいます。

気になるのは健康への影響。
トレーニングでエネルギーを消費したあとなので、カロリー面は問題ないとします。
特に水泳は一定の体脂肪も必要なスポーツです。
ですが、アルコールはカロリー以外にも気をつけるべきポイントが。

今回はトレーニングとアルコールの関係性を学びます。

アルコールの身体への影響

肝臓への負担

アルコールの分解にも体力が必要です。
トレーニング後は筋肉だけでなく内臓も疲労しているため、アルコールの分解でさらに負担がかかることとなってしまいます。
トレーニングからの回復に、より時間がかかることとなりそうです。

脱水

アルコール自体に利尿効果があり、摂取するほどに体内の水分量が減少します。
水分量は血液量と密接な関係にあるため、血液量、血流の悪化につながります。
疲労回復を妨げるといえそうです。

ホルモンの分泌

アルコール摂取後はコルチゾールというホルモンが分泌されます。
このホルモンは強いストレスをうけた際などに分泌されるもので、筋肉を分解してしまうはたらきをもっています。

ホルモンの抑制

テストステロンというホルモンの分泌が抑制されます。
このホルモンは筋肉の修復、増加を促す作用をもちますが、分泌が抑制されてしまうようです。

ここまでが代表的なデメリットです。
リラックス効果などが取り上げられることもありますが、お酒の種類によっては味や香りなどの効果で発揮されることがあっても、アルコール自体には期待できるものではありません。

お酒の種類別特徴

ビール

ミネラルが豊富。
強い炭酸の爽快感が特徴で、トレー二ング後の人気が特に高い。
炭酸の効果で食欲が増すことに加え、ビール自体のカロリー、糖質も多め。
ジョッキ1杯程度を限度として、ご飯をもりもり食べましょう。

ワイン

赤ワインのポリフェノール効果、白ワインの殺菌効果が有名。
赤ワインはプロアスリートにも嗜む人は多いです。
スパークリングタイプの爽快感はトレーニング後にもマッチしますが、ほどほどに。

日本酒

糖質が多いことで有名。
他のお酒に比べ、時間をかけて飲まれることが多い。
アミノ酸も豊富に含まれており、お酒の中では筋肉への効果が高いといえます。
アルコール度数も高いものが多いため、量に注意しましょう。

焼酎

水割り、お湯割り、炭酸割りなど、様々な飲み方が可能。
糖質は少なめで、体脂肪が気になる場合にはよさそうです。
薄めにつくるようにしましょう。

ウィスキー

こちらも糖質の少なさが有名で、ダイエット中に取り入れられることも多い。
有名ジムでも、飲酒をする場合はウィスキーを選択するよう指導されることも。

その他 ウォッカ、ラム、ジン、テキーラなど

スピリッツとして使用されることが多い蒸留酒です。
どれも糖質は少なめですが、アルコール度数が極めて高いため、香り付け程度に使用するようにしてください。

ダイエットや健康のため、糖質の量に注目した情報が多いですが、スイマーにとっては筋肉や肌、骨、神経など、より細かい情報が重要です。体の状態によっては、あえて糖質の多いものを選ぶ場合もあるかもしれません。

アルコールそのものにはもちろんデメリットが多いですが、控えることがストレスにならない程度の抑制をおこない、できるだけその時の状態にメリットがあるものを選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました